助教

助教

間嶋 紗織

総合診療科・内分泌糖尿病内科・医学教育センター等

患者さんに寄り添う医療を心がけています

学生の皆さんへ

知識を蓄える 教養を培う

日々診療をしていると、医師の仕事は病気を治すということだけではなく、患者さんをハッピーにするということも大切だと感じています。患者さんの病気の背景にある患者さんの気持ち、性格、環境など、そういったことをひっくるめて包括的に対応する能力を養うためにも、勉強はもちろん、学生の時期だからこそできる、視野を広げるための活動をどんどん経験していってください。その経験は何よりの力になると思います!

進路に悩む皆さんへ

まずは飛び込んでみよう

 私自身、それほど面白い人生を歩んできたわけではありませんが、それなりにライフステージの変化があり、生き方や考え方も変化してきました。初めの進路選択こそ悩みませんでしたが、いくつかの分岐点では悩み、選択を迫られることもあり、学生時代に想像していた通りではないですが、今現在、毎日とても楽しく過ごしています。
 卒業後、専門を選ぶまでの猶予期間があり研修中に各科の経験できるため、それが逆に選べない原因となっている人も少なくないのではないでしょうか。
 何事も予想通りにはすすみません。いいな、と思ったところにとりあえず飛び込んでみて、それから悩む、というものも「アリ」ではないかなと思います。
 そんな中でもし興味があれば、是非、当医局に飛び込んで来てくださいね^ ^

平成19年3月 京都府立医科大学 医学科 卒業
平成19年4月〜21年3月 京都第一赤十字病院 研修医
平成21年4月〜24年3月 京都第一赤十字病院 糖尿病内分泌リウマチ科
平成24年4月〜28年3月 京都府立医科大学大学院医学研究科 卒業
平成28年4月 京都府立医科大学 内分泌代謝内科学教室 病院助教
平成31年4月〜 現職(内分泌・糖尿病・代謝内科 兼任)

TOP
TOP